90年代後半~閉園登場施設

90年代後半~閉園まで存在したアトラクションまとめ。

閉園間近となったドリームランドの風景。開園当初と比較すると、同じ場所には見えない。
(写真提供:セブン道楽様)

スキッドレーサー
1995年、スカイサイクルとゴーカートの隣に奈良ドリームランドに
追う形で導入された。ドリフト走行の楽しめるレース型ゴーカート。
閉園まで存在。


2002年撮影

フリーフォール
1999年4月より、開園35周年記念として導入。開園まで存在。
ゆっくり上昇し急速に落下するおなじみの絶叫系アトラクションで
当時は(八景島設置のような)ドロップタワー型のものに切り替えられつつある時期で
導入時ですでに古い型だったらしいが、ナガシマスパーランド姫路セントラルパーク
サマーランドなどにも現存している。

2002年撮影。パンフレットとは異なり三角屋根は無かったようだ。

パンフレット(2001年)より。コレってドリームの写真?

ハッピーオクトパス
1999年4月より、開園35周年記念として導入。

開園当初のオクトパスは80年代頃に無くなり、新たなものとしてフリーフォールと共に設置。
かつてのオクトパスはウエーブスインガー(スイジングスイング)の手前にあったが、
少しだけ手前に来ているようだ。
他の遊園地設置のものはカラフルでメルヘンなイメージが強いが、
ドリームののオクトパスはシックでメカメカしい。閉園まで存在した。


ゴンドラは湘南仕様のイルカ顔らしい?(遊園地大集合関東周辺 マップル 00~01年)


パンフレット(2001年)より

フリーフォールとハッピーオクトパスのオープン広告(撮影は閉園後の2003年)

グランディッシュの館
日本発の3D音響によるお化け屋敷として94年に登場したもの。
ドリームでは95年導入のようだ。
閉園まで存在。ぐらんぱる公園に移設後、数年間営業された。

ぴあ遊園地1996より

伊豆ぐらんぱる公園移設後の様子。装飾が若干増えた気がする(2003年撮影)

ドリームファクトリー
1997年、ドリーム名画座(映画館)を再利用したバーチャルリアリティアトラクション。
シミュレーションシアターとも呼ぶようである。


外観、看板と券売機(看板は2002年閉園前、外観と販売機は2002年、2003年閉園後撮影)

プレイロビック
正面入り口、展望台を抜けすぐの左側に設置されていた巨大ジャングルジム。

キッズランド
「ドリちゃんランちゃんキッズランド」とも。2000年登場。
プレイロビックの跡地であり、子供用の滑り台などが置かれた、室内で遊べる場所。
さよならドリームランドのビデオでドリちゃんとランちゃんがいる部屋である。

写真左の建物。(2002年撮影)

キッズライダー
ワンダーホイール、お伽列車の東奥側の広場にあった子供用のオートバイ乗り場。
97年~98年ごろ登場したが、すぐになくなったようで、
99年には同場所がふれあい動物ランドとなっている。
尚、ふれあい動物ランドも1年で入り口近くに移動している。

トップスインガー
人力回転ブランコ。96年ごろ登場。チックタックと一緒に稼動していた時期もある模様。
閉園時まで存在し、ぐらんぱる公園移設して現役活動中。

ぐらんぱる公園での様子。(2003年撮影)

ワンニャンランド
プレイロビックの隣、チックタック跡地付近に存在。
97~8年頃登場した世界の珍しい犬や猫が集まった施設。
00年ごろなくなり、01年からふれあい動物ランドが入り、閉園まで存在した。

入り口には何故か101匹ワンちゃんのイラストが・・・

リバーアイランド
2001年登場。丸太風ライドの上を進む。閉園時まで存在。
閉園後はぐらんぱる公園に移設している。

2002年撮影

もくもくランド
2000年登場。木工の遊具が並んでいて自由に遊ぶ事ができる場所。
奈良と共通で閉園時まで存在。

キッズコースター
最大勾配26度・最高速22.5km/hのファミリー型コースター。
閉園時まで存在。閉園後はぐらんぱる公園に移設された。

ぐらんぱる公園での様子(2003年撮影)


キッズコースターの裏手にあったキッズトレイン?(2002年 提供:セブン道楽様)

キッズポケット
レインボーの手前のエリアに99年導入。
ピエロの滑り台やボールプール、ふわふわなどの並ぶ子供用の遊びスペース。

水上迷路
足こぎボートで水上を巡る巨大迷路。
2001年から、プールの一部を利用した期間限定のアトラクションであったが、ヒットし閉園まで運営されていた。

2002年冬撮影の看板。

ふれあい動物ランド
1998年登場。晩年最も奥になった、ワンダーホイールの東部に位置した。
その後、ワンニャンランド(チックタック跡地付近)へ移動し閉園まで存在した。
※ちびっこ動物園、ワンニャンランドとは別のもの

トリッピングカー
スキットカーレーサーの手前側
(オクトパスの場所付近、01年~のマップではバッテリーカーとかかれている。)に位置した。
96年ごろから設置、閉園まで存在したようだ。

ゴム製のバンパーが付けられた丸い1人用のライドをぶつけるもので、
奈良ドリームランドのショッキングバンパー、八木山ベニーランドのトリッピングカーと同じものと思われる。


ちなみに初期のスポーツランド時代にあった「ショッキングカー」にも似ている。
2002年撮影のため、閉園直前まであったようだ。

ゴーストハンターズ
1999年から室内遊戯場に導入。セガのヒットゲームをアトラクション化したもので
シューティングライド。ジョイポリスやネオジオワールドにも存在した。
乗り物に乗って3Dのお化けを退治して進む。閉園時まで存在。


ジョイポリスの公式にあった動画だそう。
(ドリームランド設置とはバージョンが異なるかもしれない)概観は2002年撮影。

バッテリーカー
パラトルーパーとスリラー迷路館の間に存在。

大海賊奥に存在したラジコンカーと入れ違いで登場している。

遊園地ぴあ 1996より

3Dサウンドシステム「パラゴン」
閉園間近頃、トップスインガーとメガダンスの間に設置されていたようだ。
製作は(株)シーキュー・アメニック
ユニットハウスを使用したコンパクトアトラクションとある。
現在も設置されている遊園地があるらしい。

ドライブインシアター(MOVIX横浜ドリームランド)
ホテルドリームランド(夢のホテル)跡地に94年~01年まで存在。
株式会社松竹シネ・ファイジャパンが設置。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA