70年代登場施設

1970年の土地売却後、かつての4分の3に縮小した敷地に新しいアトラクションが導入された。
冒険の国と子供の国があった場所には73年よりドリームハイツが建てられ、
子供の国(レインボーブリッジ、水上スクーター、風車、ディジィチェア、ピーターパンなど)は
シャトルループ導入を機に動物園のほか全てが差し替えられて
新しく子供向けコーナーが設置されたらしい。
※資料が少なく、調査中の箇所が多い。

シャトルループ
敷地が削られたドリームランドの起死回生とも言われる、
園内西側(向かって左)の位置に、1979年3月に登場したジェットコースター。
ジェットコースターで有名な独・アントン・シュワルツコフ社製の国内初360度回転型であった。
子供だけでなく若者中心に客層を広げようと14億円をかけて日本で初めて導入。
更に多額をかけテレビやラジオなどあらゆる媒体で宣伝を行った。
話題性あってかこの年、120万人を記録。

その後回転型コースターを初め、様々な絶叫マシンの輸入も普通になり、としまえんやナガシマスパーランドにも設置され、次第にどこにでもあるアトラクションとなった。人気は年々落ちたが、閉園時まで存在した。
なお、現在でもナガシマスパーランドにて1年後に導入された同メーカーで全く同じ姿のものが現役であり、国内最後である。

横浜・奈良ドリームランド記念アルバム、輸入時の神奈川新聞記事(1979年) ※クリックで拡大


「ぜんぶで 37びょうかん。おわった あと あちあがれないほどの ものすごさだよ。」

とドラえもんも絶賛している。(小学一年生 1979年より)

2002年閉園直前のシャトルループと看板。車体はオレンジから水色の塗装となっている。
後ろにフリーフォール、室内遊戯場も写る。(提供:セブン道楽様)

 

ジャングル探検船
冒険の国巡航船が、土地縮小に伴いフリーウェイの跡地に小規模になって再建築されたもの。
70年前半頃から晩年までの場所に移動した。
(船は再利用と見られるが、冒険の国とは進行方向が反対のため、逆向きに改造されている説がある?)
ディズニーランドのアトラクションをモデルに、アフリカのジャングルを案内する内容。
閉園まで存在。


写真:シェルポのブログ


※写真は2000年、2002年のもの

大海賊
別名、サスペンスゾーンスリルロマン大海賊。
1971年オープンのウォーターライド。閉園まで存在していた。
1周 271m の水路を船に乗り、14 世紀のカリブ海の世界へ。


※撮影は2002年

ライドの様子 (遊園地ぴあより)

おばけ屋敷
化け猫?の乗った屋根が特徴的。
70年代に登場し、閉園まで同じ姿で営業されていた。
従業員はほとんどのアトラクションに無料で入れたが、お化け屋敷は運営が外注のために有料であったという。



お化け屋敷の外観と看板(撮影は2002年)

初代メリーゴーランド
お化け屋敷の前に76年登場。屋根の赤いメリーゴーランド。1990年まで存在。
美少女戦士ポワトリンの初代ED(1990年)にて最後の勇姿が確認できる。

ロックンロール
79年シャトルループと同時期に設置、プールの近くに登場。全体回転する。
メーカーはゴーカートやサーキット2000などと一緒のミゼッティ工業。
閉園時まで存在した。

2002年撮影

ビックリハウス
70年代前半登場。どこの遊園地にもあるメジャーなアトラクション。
モーターが一部故障して人力で動かした時期もあったらしい。
92年ごろ、老朽化のためか入れ替わっているようである。
ちなみに製造は大和広告工芸(ここ?)⇒美造社とありトーゴ製ではない。
「日本の遊園地の歴史のほぼそのもの」といわれる(株)トーゴの機械がドリームに導入されたのは、
スカイサイクル(89年)以降であり、ドリームの異端さを再認識した・・・


古い外観が怖くて既にビックリだ。(遊園地ぴあ 1992年)


閉園間近のビックリハウス。(2002年撮影)
隣は同じく70年代に園内中央から最奥に移設された野外ステージ。

トランポリン
79年に登場と思われる。人気アトラクションであり、
90年代前半頃に写真のカラフルなものに入れ替えられているようだ。

この写真は作られた当初と同じものらしい(遊園地ぴあ 1998)

奥に見えるのは旧ビックリハウス。(関東周辺の遊園地 1996)

スリラー迷路館
※営業開始時期調査中。(89年までのマップでは室内遊戯場名義)
化け物がたくさん現れるミラー張りの通路を手探りで進み出口を探す。
奈良と共通。室内遊戯場(ゲームセンター)に続いている。
閉園時まで存在。

遊戯場内内観(外観?) ぴあ遊園地 1996より

子供の国(ちびっこ動物園など)
所在お伽列車の池がなくなり、こどもの国の城の周囲に移動。
その線路の中、お城の前に存在した動物と触れ合えるコーナー。
70年代前半のハイツ建設で一旦は園内入り口西側(孔雀コーナー?)の一帯に存在したが、シャトルループ建設時にお城の脇に小規模になって移動した説がある。(※詳細調査中)
シャトルループ以前のちびっこ動物園には、小さな池がありペンギンなどを飼育していたらしい。
お城が迷路に改装された後も営業していたようだが、90年前後に場所ごとなくなっている。

ラジコンカー&ラジコンシップ
78年より前に存在していたとされる、大海賊横に位置した遊具場。営業は96年頃まで。
オーバルコースの中にラジコンカー数台あり、中には入れず、テーブルからラジコンのリモコンで操作するもの。園内マップでは裏に位置しているが、野外ステージと大海賊の間に存在か。運営会社社長の本
ラジコンシップはラジコンカーと並んではおらず、当初は潜水艦の池の一部をコースロープで仕切って造っており、後に統合したようだ。

パラトルーパー
79年シャトルループと同時期に設置。アメリカ製。
落下傘の形をした回転するアトラクション。閉園まで存在。同じもの

るるぶ 首都圏遊園地&テーマパーク1999 より

2002年撮影

シャトルハイウェイ

70年代後期登場。
92年ごろ、『ゴーカート』に改名になって閉園まで存在した。

ラウンドアップ
プール、コーヒーカップの付近。
92~93年の間になくなった模様。

パルテノンゲート
1973年設置。ラブスクエアーエリアが分離していた頃までの正式な本園の入り口であった
90年ごろまで存在し、
同場所に2代目のメリーゴーランドが建った。

1988年ごろの園内マップ。

ドリーム銀座
1974年開業の近隣(ドリームハイツ)住民へ向けたアーケード商店街。
当初はドリームランドの土産物も売っていた。70年代後半で既にテナントがあまり入ってなかった。
飲食店がが多く、喫茶店やドリームランド経営のゲーセン、中央の通路の迎えはイタリアンの店などがあった。80年代中期頃にローゼンが入った。その頃から病院も入っていたかもしれない。
閉園後まで建物は存在したが、晩年は医院が2つ残る以外、ほぼシャッター通りであった。

1995年当時。既に殆どの店が閉鎖され、相鉄ローゼンの看板がでている。


晩年の遊園地ガイドでもそうてつローゼンとしか説明されていない。
(首都圏遊園地&テーマパーク 2001,2002)


2002年、閉園間近のローゼンも撤退(?)した状態。(廃墟じゃないもん)

内観(2002年、閉園後だがまだ2店舗営業中)
※ドリーム銀座の写真はドリームスポーツプラザページにも数枚あり!

ドリーム名画座 
ドリーム銀座の隣に存在した映画館。(もちろん)旬の映画をやっていた。
建物のみ閉園までシュミレーションシアター(97年~)として利用されていた。

レストランループ
セルフサービスで180席あるメインの食事どころ。閉園まで存在した。

コーヒーショップシャトル
調査中。70年代後期に食事どころとして存在したようだ。

パチンコデール
1972年から営業開始のパチンコ店。元電光ニュース館。
晩年はゲームパレスデールとも呼ばれ、1990年代まで営業し建物ごと取り壊された。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA