相州春日神社

相州春日神社

横浜ドリームランドの建設に際し、その発展と繁盛を願って敷地内に奈良の春日大社の分霊を勧請し
「ドリームランド春日神社」が建立された。その後、神社とドリームランドとは敷地・組織とも切り離され、
宗教法人として独立し「相州春日神社」と改名した。
境内には「神鹿」として春日大社から賜わったシカが飼育され、参拝客が鹿せんべいを与えられるようになっている。

-wikipediaより



閉園後の様子とランド坂下の看板 (2003年撮影)

奈良県の春日大社と同じ神様を祀っており、神の使いの神鹿がいる。
また、安産祈願での参拝もできる。
なお、現在の春日神社にドリームランドについての言及は特にないが、
鹿の柵の前にドリームランドのゴミ箱が1つ置かれている。

横浜薬科大学による紹介
はまれぽによる春日神社訪問の記事

現在の様子。撮影は2016年、2017年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA