ドリーム文化公園

モノレール駅、駐車場から入り口までの一帯。ドリームランド外苑とも言ったらしい。
「子供だけでなく大人も楽しめる遊園地」というコンセプトの通り、テニスやサーキット、バーなどの娯楽施設が並ぶ。

エンパイアホテル(ホテルドリーム)
1965年3月28日開業。大林組建設。
最頂部68m。霞が関ビルよりも2年先駆けた日本初の超高層ビルとなった。
このエンパイアは遊園地に宿泊施設を併設する先駆けとなった。
『日本らしさ』をテーマに五重塔をモデルとし、内観は桃山時代の建築様式を
取り入れていた。最上21階は回転レストランであった。

晩年にはミニコンサートなどのイベント企画やラウンジバイキング、
庭園バーベキューなどを開催。
95年まで営業した後、閉園後も廃墟のままだった時期が長かったが、
2005年から横浜薬科大学の図書館棟となり、21階は展望ラウンジとしてイベント毎に開放している。


写真:JR全日本

モノレール(詳)
1966年5月に開通した大船方面とドリームランドを結ぶモノレール。
設計ミスで1年半に満たない間に休止となり、そのまま永遠に夢の乗り物となった。
駅は廃墟として残り、80年代にアーティストが大船駅舎をアトリエにするなどもあった。
駅の隣にドリーム交通の営業所があった。



ランド坂下(現:横浜薬大南門付近)のゲート。94年ごろ撤去か?
尚、晩年は同場所に掲げられたボーリングピンがランドマークとなっていた。

写真:JR全日本

春日神社(詳)
横浜ドリームランドの発展と繁盛を願って奈良の春日大社の分霊を勧請した。
相州春日神社として健在する。尚、遊園地側だった鳥居の場所は閉園後に移動した。

ドリームランド営業中、春日神社の駐車場にて節分イベントも開催されていたとのことだ。
(撮影は2002年2月)

鹿
春日神社に神様として祀られている鹿たち。
いまは柵の中にいるが昔は広い場所で触れ合えたようだ。

夢のホテル
1500人収容可能の一般向け宿泊施設。
ホテルドリームランドとなり、90年まで営業。

商業会 1964

博物館(サーキット場、ショウルーム)
世界歴史博物館。蝋人形が展示してある。エンパイアの前に存在した。

電光ニュース館
広告塔。70年代にパチンコデールになった。

サパースクエア(世界の酒場)
世界のお酒が飲めるバーのような施設。

テニスコート
エンパイアホテルの正面右側(地図上で西側)、ゴルフ場付近にあった。

ゴルフ練習場
テニスコートと並んで設立。

ドリームヘルスセンター
夢のホテルに隣接するレジャー施設。ボウリング、スケート、アーチェリーなどが楽しめる。
後のジョイパックドリーム。閉園後も2004年までは営業し、
建物は現在も横浜薬科大学内に存在。ボウリング場の一部も存在する。

ゴーカート
ヘルスセンター側、プールやボウリング場付近に存在したらしい。
園内のフリーウェイという子供も楽しめるものに対し、
こちらのゴーカートは本格的なものだった。

ドリームプール
夢のホテル付近に有ったプール。
大噴水がレインボープールになった後、姿を消す。

ドリームカー
ランド坂下とドリームランドを往来。

ヘリコプター
鎌倉や江ノ島まで遊泳飛行。春日神社前(ドリームランドホテル前)に
ヘリポートがあった。ホテルと営業終了共に、90年頃までとみられる。

東京周辺遊園地ガイド 86年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA