スポーツランド

園内西(向かって左)側の一体。遊園地らしいアトラクションが揃う。
※潜水艦が冒険の国にカテゴリされている古いガイドブックもあるが、
こちらではドリームランド発行の初期パンフレットに基づき、スポーツランドに含める。

ワンダーホイール
開園当初より閉園まで存在したアトラクションの代表であり、開園当初は世界一の高さ(75m、諸説あり)を誇った。
三精テクノロジーズ(旧三精輸送機)製。テーマソングなどもあったようだ。

1台おきに回転と共にレールに沿って中心部と外輪を往来する揺れるゴンドラが設置されている。
この形状はエキセントリック・ホイール(偏心観覧車)と言われ、
デノズ・ワンダー・ホイール・アミューズメント・パーク』に1920年に設置され現役の超長寿観覧車を模倣したものらしい。
2001年の夏には本場ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにこの偏心観覧車、Sun Wheel』が初登場し、後にミッキーの顔で有名な『Mickey’s Fun Wheel』にリニューアルされた。なんとも運命的な話。
(お互い意識していないのかもしれないけど)
(余談)びわ湖パラダイスという遊園地にも小型があったみたい?


観光カラーガイドシリーズ 1967より。
観覧車、ボブスレーロープウェイ


2001年パンフレットより。95年の秋にリニューアルしているらしいが詳細は不明。塗りなおした?


初期ゴンドラ。 写真:JR全日本

スイジングスイング
遊園地には必ずといって良いほどあるウエーブスインガー。富士車輌製。
ドリームランドでは長年「スイジングスイング」と呼ばれていた。
91年に入れ代わりがあり独ジーラー社の定番のものとなったが、閉園まで同じ場所にあった。

ボブスレー(ポップスレー)
開園当初から。4人乗りで1週500mを最高時速100キロで走行。
80年代以降2両編成に。

潜水艦の池の水面に差し掛かり、結構濡れたらしい。閉園時まで健在。

写真:JR全日本

潜水艦(詳)
開園当初より親しまれた潜水艦のなかに入り、水中のレールを走り展示された魚を見るアトラクション。
初めは黒塗りの潜水艦だったが、時代によって変わり晩年は黄色いポップな印象に。


(ぴあ1996、1999より)

フリーウェイ
多分ゴーカートみたいな乗り物。全長650mのコース。
後に同場所にジャングル探検船ができた。

観覧車から撮影。潜水艦ボブスレー、フリーウェイのコースが並ぶ。
写真:JR全日本

月世界探検館(宇宙探検館)
ロケットの形をした建物。CM映画放送(株)提供。どこ?
スクリーンと動く座席が備えられ、地球を出発したロケットが
月に到着するまでのシミュレーションができた。
途中で座席が動くことで臨場感が体験できるアトラクション。

後に「ドリームラマ」という360°パノラマ映像を見せる施設となった。

室内遊戯場
ゲームがたくさん並んだ子どもも大人も遊べる遊戯場。3号館まであった模様。
西部探検館、忍術秘伝屋敷に建物が続いていたようだ。
晩年はレトロゲームの宝庫と言われていた。
一部の筐体が台場一丁目商店街などに移設されている。

 開園当時の室内遊技場の様子(主婦と生活 1964より)


閉園時、ゲーム専門誌で室内遊戯場に存在した筐体の特集が組まれた。
博物館級の古いゲーム機を管理し、多く残していたことが賞賛されている。
(アルカディア 2002年4月号)

西部探検館
アメリカ西部開拓時代を再現。早期に廃止。

忍術秘伝屋敷
別名「お化け屋敷」忍者の道具などの展示とお化けも出るというコンセプトだったようだ。
ちなみに66年には西部探検館と忍術秘伝屋敷の場所に

ビックリハウス(大和広告工芸(株)提供?)との記載もある。
70年代にできたものとは場所が異なるようだ?

オクトパス
おなじみの遊具。
外周列車、スイジングスイングとオクトパスは富士車輌(株)製作らしい。
(沿革にも遊具を製作していた記述はないが・・・)


右上部が室内遊戯場(西部探検館忍術秘伝屋敷)その左奥が月世界探検館。
手前にはオクトパスやスイジングスイングも映る。
写真:JR全日本

ロープウェイ
スポーツランドと子供の国の外周列車駅を結ぶ。

写真:JR全日本

ショッキングカー
エリアの中で車が衝突しないように避けるアトラクション。
早期に廃止か?

ティーカップ
初代コーヒーカップ。土井文化運動機製作所製造。
60年代までは観覧車の真裏にあるが、その後の詳細は調査中。

82年には新しいコーヒーカップが円形プールの付近に登場する。

孔雀舎
くじゃくと触れ合える場所。入り口入って左奥の位置にあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA